鶯谷キネマ倶楽部にて毎月第1土曜行われている、いま日本で最もエッジ―な(いろんな意味で!)パーティー"デパートメントH”にINFAMOUS MAGAZINEブース出展してきました。


先回開催の同パーティーで行われた第4回大ゴム祭でのラバーオートクチュール“Kurage”フルコレクション、アニマルラバースーツの“Saeborg”をINFAMOUS MAGAZINE #04では特集してます。




このパーティーを一言で言い表すのは至難の業だと思いますが、一般的なカルチャーからするといやゆるマイノリティーといった部類に入るのかもしれません。

ですが、そうであるからこそ、そこにしか存在しない魅力やポテンシャルが存在していて、そこに何かを感じ取る人たちも少なくないのではと思います。

もちろん、シンプルに楽しんでいる人もたくさんいると思いますが。





とはいえ、あらゆる人におすすめできるパーティーかどうかは何とも言い難いなぁ。

いきなり体験するより、どこかで何かしらの抗体をつけておいた方がいいんでしょうね...。





スポンサーサイト