昨晩、総勢20人ものミストレスが勢ぞろいした女性支配をテーマにしたパーティーDomina-Trix 7@青山ベロアに参加してきました。


常にそこここでプチSMプレイが繰り広げられることで、オーディエンスとしてもその場にいるだけで刺激が継続されるのがこのパーティーの特筆すべき点かもしれません。


そのように意図しているかはわからないのですが、飽きのこないとても盛り上がった楽しいパーティーでした。




ところで、そのパーティーの主役はなんといってもミストレス(女王様)の方々なのですが、この女王様のいでたち、例えば二―ハイ、サイハイブーツにエナメルやレザーといった素材の体にフィットしたアウター、というのがいわゆるSMファッションの象徴的なイメージとして捉われることが多いと思います。


フェティッシュファッションと言われるものの中にはベースとなる様々な嗜好性に基づいていろいろあると思いますが、このドミナファッション(なんて言葉があるかどうか知りませんが…)はその中でも多くの方がイメージするフェティッシュファッション代表格と言っていいのかもしれません。



象徴的という意味で双璧を成すのはやはりラバー系という事になるのでしょうかねぇ…。








・・・まぁ、このあたりの話って、あくまでも目指すべきフェティッシュファッションのソースを辿るとこんなとこなのかなぁ的なお話でいいんだろうなと思ってますが。




写真はまた拾いモノです…。
20130623.jpg


スポンサーサイト